女性の生き方、働き方の提案をするコミュニティサイト W habit(ダブル ファビット) 女性の生き方、働き方の提案をする
コミュニティサイト

Column Video

2021-03-18

はじめまして‼︎

生理セラピスト®️子宮の専門家

吉本悠子です。

 

20年間に及ぶ生理不順

私が子宮の専門家として活動するきっかけになったのは20年間に及ぶ「生理不順」でした。

 

生理が来ない事、誰に相談していいかも当時は分からず、「生理」なんて来ない方が楽!! と、勝手に決めつけ、自分が生理をコントロールしていると思い込んでいました。

 

今思えば女性だと言うことも放置していたのかも知れません。

 

 

不妊治療で自分の身体を知る

20代前半には、ホットフラッシュを発症して、「若年性更年期」と診断され、挙げ句の果てには、30歳で「不妊症」と診断され、

 

不妊治療や体外受精もトライしたが、身体も心もボロボロになってしまいました。

 

不妊治療を経験して、周りからは「赤ちゃん欲しいハズなのに病人みたい」と言われ、冷えている身体に治療しても、良い結果が得られない。という現状に気づきまずは、自分の身体を健康にしようと勉強を始めました。

 

 

確信に変わった学び

 

さまざまな勉強をしている中で、タイの伝統医が教えていて、タイの助産師が行なっていると言う「子宮セラピー」に出会い、現地でその手技を、学んできました。
その学びのおかげで、、

 

なんと、薬を飲まずして生理が来たのです。

 

とても感動しました。

 

お薬に頼る以前に、あくまで自分自身の身体のこと。身体の内側をしっかりケアすれば、生理不順、生理痛も無くなることを実感。

女性の身体は特に神秘的だが、しっかり子宮をケアして身体を温めることが、自分を大切にする一番近道だと実感しました。

 

子宮ケアは未来の自分への贈りもの

多くの人女性たちの身体は確実に「冷えて」います。

それは、生活習慣、食生活、ストレス・・・さまざま要因はありますが、

そもそも、私たち自身が「女性のからだ(=子宮)」のことを知らなすぎる!!!だから、間違ったライフスタイルや習慣を続けてしまうのです。

生理痛・PMSは当たり前じゃありません。生理不順や生理痛を身体のSOSだと、ちゃんと受け止めて欲しい。

妊娠、出産、更年期・・・と女性の全てのライフステージによって「子宮」が関わってきます。

女性の身体の中心といってもいい私たちの「子宮」

その「子宮」について正しい知識を得ることで、女性ホルモンや人生のリズムを上手に理解し、自分自身の身体でコントロールすることができるのです。

 

全ての女性が、

もっと自分の身体のことに興味をもち、自分自身を大切にすることでシゴトも、プライベートも、人生全てを楽しめるように!

 

女性の身体と子宮について届けていきます!!!

 

この記事のライター

吉本 悠由子
生理セラピスト

吉本 悠由子

生理をこよなく愛する子宮、妊活、生理改善のセラピスト。毎月くる生理が好きになる、子供を迎えやすくなる子宮作りのための講座や施術を担当します。 千葉在住/ゴルフ好き
  • ホームページ
Profile