女性の生き方、働き方の提案をするコミュニティサイト W habit(ダブル ファビット) 女性の生き方、働き方の提案をする
コミュニティサイト

Column Video

2021-03-16

はじめまして!

アレルギーフリー食研究家の野田真実です。

 

7大アレルゲンなしカラフル華やかレシピでアレルギーっ子ママの献立難民を救済!

受講者数1,000名超えのアレルギー対応食育料理講座(対面・オンライン)、鉄ミネラル、オンラインクッキング講師養成スクール主宰をしております。

現役アレルギーっ子育児中です!(7歳・4歳男の子ママ)

普通の主婦だった私

肩書きに料理研究家や食育講師と書いていると、料理得意で昔からそういった仕事していた、あるいは学校に通っていたんでしょ?と思われがちなんですが。

 

 

私が食に興味を持ち始めたきっかけは、長男の食物アレルギー発症からです。

 

 

 

そもそも大学は芸大のピアノ専攻だったし、新卒の時は珈琲豆の卸会社に就職し、経営企画室で店舗運営の企画担当、転職後は就職支援の室長や、それに疲れて医療事務してみたり、大手派遣会社の登録事務、そして独身最後の1年間は某テレビ局支社の営業事務をしていました。

 

 

 

 

 

 

 

ね?全く関係ないでしょ?笑

 

 

 

 

 

食については、、、

カップラーメンがお昼ってときもあったし、栄養のことを考えたこともなかったです…笑

一応、お弁当作って持っていってた時期もありましたが、お弁当=冷凍食品のおかずと思っていたので、冷凍庫には冷凍食品がパンパンに入っていたし笑

 

 

 

 

 

さらに、甘いもの・お酒も大好きなので、ほぼ毎日食べたり飲み歩いていました笑笑

 

 

 

 

結婚後も◯◯ソースや◯◯の素で料理するのが普通だと思っていました。

出汁も取ったこともなく。

 

 

 

 

まぁ、どう考えても料理は得意ではありませんでした笑

 

 

 

私が変わったきっかけ

そんな中、長男が生後4ヶ月の時にアトピーと食物アレルギー発症したのをきっかけに、食の考え方が180度変わりました。

 

 

 

 

アレルギーがあるとその食べ物だけ食べなければいいわけではなく、添加物でも反応したり、白砂糖の取りすぎ・植物性油脂を取ることで体の炎症(肌荒れ・アトピー)が起きてしまったり…と、とても繊細なんですね。

(人にもよります)

 

 

 

 

その時の主治医からは、

 

 

 

 

「昭和30年代くらいの時代の和食生活に変えてください」

 

 

 

 

と言われました。

要するに、揚げ物は控えて、魚・野菜中心、味噌汁とご飯。

 

 

 

 

それまで、病気は薬を飲んで治すもの…と思っていた私にとって、え!食事で体質なんか変わるの?

と半信半疑でしたが、とにかく我が子のためにやりました!

 

 

 

 

その中で、サラダ油や精製された砂糖・塩、醤油やみりん風調味料と本物は違うということ。

今まで原材料表示も見たことなかったし、加工品にはこんなにたくさんの添加物が入っていたこと。

 

 

 

を恥ずかしながら、初めてその時知ったのでした。

 

 

 

 

 

意識が変わってからずっと独学でやっていた除去食作りを、きちんと専門知識をつけて息子をサポートしたいと思い、2人目妊娠中の空いた時間を使って幼児食インストラクター・食育アドバイザー資格を取得。

その後、アレルギー対応食アドバイザー、アレルギー大学上級課程修了、鉄ミネラルアドバイザーを取得しました。

 

 

 

 

そして現在

 

 

・自宅教室・オンラインでのアレルギー対応食育レッスン

・法人案件のアレルギー対応レシピ開発

(京セラグループ会社、IT企業など200件以上制作)

・パナソニック大阪センター「くらしの大学」講師

・食のweb情報サイト「hitotema」ライター

・医療機関向け管理栄養士オンラインツール アレルギー対応食講座講師

・雑誌などのレシピ執筆

・鉄ミネラルおはなし会

 

 

 

 

などなどアレルギー対応食を軸に、幅広く活動しています。

 

 

 

アレルギー対応食と聞くと、アレルギーがある人が食べるもの、自分はアレルギーがないから関係ないと思われるかと思います。

私も子供が発症する前は存在すら知りませんでした。

 

 

現在、私のところに受講してくださる生徒さんの半分以上は「アレルギーのない人」です。

 

 

 

なぜ来てくださるのか、不思議に思い聞いてみたところ、

 

 

 

・身体に優しい素材を使っていながら、カラフルでかわいい見た目がすごいと思った

・子供にも安心して食べさせられるから

・簡単に作れて、再現性が高いところがいい!

・とにかく想いに共感して。

・レッスンなんだけどショーを見ている感覚になり、引き込まれる

・真実さんとお話してみたかった ←うれしい(笑)

 

 

 

 

というような回答をいただきました。

 

 

 

元々はアレルギーっ子のために作っていたレシピでしたが、今は「アレルギーがあってもなくても同じものを一緒に食べられる喜びを伝えたい。食のジャンルとして当たり前のように認識してもらえる世の中にしていきたい!」そう思いながら活動しております。

 

 

 

そんな想いを胸に、今回whabit限定講座として、アレルギー食の枠を超えた新しい食スタイルのご提案をさせていただきます!

ゆるっと取り組めて、続けるといつの間にか自分も家族も身体が変わっていく。

そんな新ジャンルの食講座を担当させていただきます。

 

 

 

 

 

今から皆様と一緒に取り組めることがとっても楽しみです!

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日頑張っている全ての女性へ伝えたいこと

 

女性は本当に毎日忙しい!!

自分の仕事に加え、外見も整えて綺麗でいるための日々のケア、内面磨きの学び、

また結婚・子育て中の方は、それに加えて家事や育児も。

 

 

 

 

 

1日24時間では足りない!

 

 

 

 

その多忙を元気に乗り切るためには、いつだって身体そのものが健康であること。

健康であるためには、3食の食事を整えることが大前提です。

 

 

 

 

 

意外と「食」の部分がすっぽり抜け落ちてしまっている方も多く、サプリメントやスーパーフードなどに頼っている人をよく見かけます。

 

だけどね、いくらサプリやスーパーフードを摂っていても、身体そもそもの本質的な内側が整っていないと、吸収してくれないんです。

 

それはアレルギーの有無関わらず、誰しも陥ることなのです。

 

 

 

 

 

 

仕事や育児に全力疾走の女性の皆様へ

 

 

 

・疲れにくく、心身共に笑顔で輝き充実した生活を過ごせる

・食の制限があっても、華やかでおいしい食事やスイーツを自分で簡単に作れる

・ゆるっとできることから始めて、いつの間にか自分も家族も内側から変わっていく

・ふと鏡を見た時に綺麗になっている!

 

 

 

食生活にシフトしていきませんか??

たかが食事、されど食事です。

自称めんどくさがり屋の私でもゆるっと続けていける食生活をお伝えしていきます!

 

 

 

 

また、これから何か仕事を自分でしていきたいけれど、スキルがないし…と悩まれている方の後押しもしていきたいと考えています。

 

 

 

ごく普通の主婦だった私が料理研究家として活動できているように、あなたのその知識や得意なことは、社会で必要なスキルです。

それを眠らせたままではもったいない!!

 

 

 

 

自宅にいながら育児中でも少しの時間で活動できること、たくさんあります。

 

 

 

 

 

あなたの発信することが誰かの役に立つこと、

そしてあなた自身が1人の女性として輝けるよう、全力でサポートさせていただきます!

 

 

 

一緒に人生を楽しみましょう!

この記事のライター

野田 真実

野田 真実

アレルギーがあってもなくてもおいしく華やかな料理で豊かな食生活を提案。 アレルギーフリーやグルテンフリーなどの食事・スイーツレッスンを担当します。 愛知県在住/ミセスユニバースジャパン2021ファイナリスト
  • ファイスブック
  • インスタグラム
  • アメブロ
  • ツイッター
  • ホームページ
Profile