女性の生き方、働き方の提案をするコミュニティサイト W habit(ダブル ファビット) 女性の生き方、働き方の提案をする
コミュニティサイト

Column Video

2021-04-29

我が家の教育資金の準備方法

 

こんにちは。

 

「10年後にお金を2倍にするマネープランニング」がコンセプトの
ファイナンシャルプランナーの川井えりかです。

 

我が子が可愛くて仕方ないすべてのママとパパへ、
今回は教育資金のお話をしたいと思います。

 

教育資金準備、
色々な方法があります。

 

・とりあえず児童手当は貯金
・学資保険に入る
・終身保険に入る
・投資信託を積み立てる

 

などなどです。

 

ちなみに我が家で実践している教育資金準備は

 

・貯金(お祝いなど現金をもらった時の待機場所)
・終身保険(パパに、もしもがあっても教育資金の心配なし)
・終身保険(ママに、もしもがあっても教育資金の心配なし)
・投資信託(児童手当を使って積立投資)
・株式投資(出産祝いは全て株に変わりました)

 

子供のために沢山沢山お金を貯めております。(笑)

 

「私、お医者さんになりたいわ」

なんてもし将来娘が言った時にも、

 

「素敵な夢だね!好きな医大へ行ってらっしゃい!」

 

と大喜びで送り出してあげたいのです。

 

お金を理由に我が子の進路は阻むことはしたくありません。

 

成長する子供のためのお金なら、成長する株式投資

 

教育資金準備に採用しているご家庭はかなり少ないですが、
【株式投資】は個人的にお勧めです。

 

本当にあった我が家の話をします。

 

子供が生まれた時、
両親、祖父母、親戚いろいろな人から出産祝いを頂きました。

 

子供のために毎月保険や投資信託で積立をしよう!

 

ということは出産前から決めていて、
妊娠中から積立を開始していたのですが、
このまとまったお金(出産祝い)の行き先を考えていませんでした。

 

暫く使う予定はないし、
娘のジュニアNISA口座で株式投資をすることにしました。

 

銘柄選びのコンセプトは、

 

「娘の成長と同じスピード、またはそれ以上のスピードで成長するであろう会社」
「娘が20歳になった時にも、世の中で今と変わらず必要とされているモノやサービス」

 

普段の私自身の株式投資のコンセプトは
「3ヶ月~半年くらいで10%以上増やしたい」
なので、同じ株式投資でも全く異なります。

 

まさに長期投資です。

 

そんなコンセプトで今から約3年前に選んだ2つの銘柄の成績、
どうなったと思いますか?

 

 

かなり成長しております。

 

特に上段の白い帯の銘柄。

娘の身長体重の成長曲線をはるかに上回る急カーブで伸びております(笑)

 

この銘柄に、娘が生まれた時投資した額は、
260,692円
です。

 

今売却すると、
752,842円。

 

約3倍です。

 

私の仕事のコンセプトは「10年後にお金を2倍にするマネープランニング」なのですが、
なんとこの銘柄は3年半で約3倍になったのです。

 

ちなみに全く同じ銘柄を同じタイミングで、

私自身も自分の証券口座で買っていました。

 

が、「ある程度増えたら売って利益確定」の自分のいつもの癖で、

もう思い出せないくらい前に売却してしまいました。

売らなきゃよかった・・・。

 

娘の株式投資は、「娘と同じように成長する」がコンセプトなので、

この先もまだまだ売りません。

 

下段のグレーの帯の銘柄も、とても優秀です。

この銘柄に、娘が生まれた時投資した額は、
115,864円
です。

 

今売却すると、
260,030円。

 

約2.3倍です。

 

そしてこの2つの銘柄を合わせると・・・

 

生まれた時に投資した額は、

376,556円

 

そして仮に今売却すると、

1,012,872円

 

40万円弱の出産祝いが、なんと100万円を超えました。

 

貯金のまま寝かせているのと大きな違いです。

 

そして、きっとこの先も娘と同じくすくすく育ってくれるであろうと楽しみにしています。

 

子供のための投資は広く大きな視点で

 

「ところでこの二つの銘柄は何の株なの?」

 

「こんな儲かる銘柄を探せるスキルなんてない。」

 

そう思いませんでしたか?

 

お教えします。

 

上段の銘柄は、「Amazon」
下段の銘柄は、「アルファベット(=google)」

 

誰もが知っている銘柄です。
目利きができる必要はありません。

 

誰もが知っているモノやサービスは誰にでも使われています。

 

みんなが使うものが早々に消えることはありません。
(Amazonとgoogleがこの世からなくなったら、どれだけ不便な世の中になるでしょうか・・・)

 

「今お世話になっていて、今後もずっとお世話になるだろうな。」
「子供が成人しても、世の中に当たり前にあるだろうな。」

 

そんな視点で選ぶのがgoodです。

 

子供のために寝かせているお金が数万円、数十万円あるなら、
是非トライしてみましょう!

 

ただし、株式投資だけではリスクが高いです。

 

保険の積立や投資信託の積立など、
「コツコツふやす」も併せて取り入れましょうね。

 

教育資金準備について詳しく知りたい方は、facebookメッセンジャー、
またはFP川井えりか公式LINEより「Whabitのブログ見た」とコンタクトください。

この記事のライター

川井 えりか
お金のプロフェッショナル、 ファイナンシャルプランナー

川井 えりか

女性のための初めてのマネーセミナー講師を担当します。 東京都在住/3歳女の子ママ
  • ファイスブック
  • ホームページ
Profile